いろいろな印鑑と実印事情

イメージ画像

みなさんは実印の印鑑を持っていらっしゃいますか?そもそも実印ってなに?とお思いになるかたもいらっしゃるんじゃないでしょうか?判子は使い道によっていろいろな呼び方で呼ばれますよね。

実印と銀行印と認印の違いって、説明できますか?わたしは最近まで全然わかっていませんでした。立派な判子のことを実印とか印鑑とか言うのかな、安いものはスタンプかな、くらいにしか考えていませんでした。

ちょっと必要に迫られて、ある手続きのために印鑑登録しなければならなくなり、必死に調べたところいろいろなことがわかりました。そして自分の無知さも明らかになりました。シャチハタと銀行印はもう持っていて、日常的にはシャチハタを使っているのですが、ときどきシャチハタで捺印できないことがありますよね、そういう場合に銀行印として使っているものを何の気無しに押してしまっていました。銀行印を他の用途に使うなんて、じつはとっても危険な行為なんですよね。

そんなわけで少しだけ賢くなったわたしが、調べたり体験したりしてわかったことを、自分自身のメモがわりに書いていきたいと思います。

そして判子のことを調べたり、はんこ屋さんを物色したりしてるうちに、ハンコにハマってきてしまいました。認印ならひとりでいくつ持っていてもいいので、おしゃれな印鑑を集めてみようかなと思っています。もちろん保管と使い方は慎重にしなければいけないんですけれど。
今は、ネットショップでいろいろな印鑑を見るのだけでも楽しいです。

このページの先頭へ