実印にできる印鑑

実印イメージ

さてハンコの呼び方の区別についてですが、ハンコはおおざっぱに言うと実印と認印の2種類に分類されます。
認印とは実印として印鑑登録されていないすべての印鑑のことをいいます。俗には三文判と呼ばれて、銀行印も訂正印も、市区町村や法務局に届出がないものはすべて認印扱いになります。
ひとりでいくつ持っていてもかまいません。

認印は書類などの内容を承認したことを示すもので、公的な証明は受けられない印鑑ですが、捺印の効果は法律上実印と同じ効果を持ちます。
実印じゃないからといってむやみに押してはいけないのです。どんなハンコも捺印の際には注意が必要です。

三文判といえば通常安価なプラスチック製やゴム製などの印鑑のことを指します。
認印には文房具店やホームセンターで販売している既製品を利用されるかたが多いと思います。100円ショップでも見かけますね。

認印として現在最も一般的と思われるシャチハタはゴム印の扱いで、正式な書類の押印の際には断られることがあります。
ゴム印は硬い材質のものと違って、長く使用しているとゴムが減って本来の印面を失ってしまうからです。

また大量生産の商品のため、同じ名字では印影が区別できないということもあります。
印影とハンコを照合して本人確認をするという、照合の機能を果たさなくなってしまうと、公式な契約や銀行口座開設などお金の絡んだ契約にはよくないのです。
まったく同じ理由から、実印として印鑑登録することはできません。

ページの先頭へ