印鑑登録の知識

印鑑登録イメージ

照合性が低い印鑑は公式の文書に捺印することができない、印鑑登録もできないと書きましたが、では何がいい印鑑の条件かというと、印面から持ち手まで同じ材料(ハンコを作る材料を印材といいます)でできていて、その材料が簡単にすり減ったり変形したりしない(印影と合致しなくならない)素材で、戸籍に登録されているのと同じ表記で姓名(あるいは姓か名どちらか)が彫られているものです。 さらに大量生産の機械彫りでなく、印面に個体差があるものが望ましいです。

実印として使いたい場合は、文字のまわりに枠線が無いものはダメだとか、文字部分が白抜きになるような彫り方のものはダメだとか、サイズにも規定があるのですが、ショップで「実印用」として売られているものならそういった細かい条件は満たしているハンコなので、その中から選べば問題ありません。

実印用といっても地味で渋いものばかりじゃなくて、和柄の模様が入ったり、アタリにスワロフスキーを使っていてカラーが選べたり、キレイでおしゃれな印鑑がたくさんあるんですよー。

印鑑ケースもかわいいものがいろいろあって、がま口タイプの和柄のものが今すごく欲しいです。
もはやただの事務用品という感じではなくて、アクセサリーのように身につけて楽しむものになりつつあるのかもしれませんね。

インターネット通販ができるショップだと、選ぶのも買うのも気軽にできていいです。
はんこ屋さんに一軒一軒入って物色なんて、しにくいですもんね。

ページの先頭へ